FAQ 24

   
 Q24    CALPHAD法における「磁気エネルギー」はどのくらいの値ですか?  
A24   Pandat ソフトウェアは Hillert-Jarl の式を用いて合金を計算している。 式の説明は文献を参照ください。 純鉄の比熱の温度変化  Unary5.0の熱力学データを用いた場合  基本的には、磁気を含まない BCC_A2 相(フェライト)の自由エネルギーに  磁気項の自由エネルギーを足す形になっている。 自由エネルギーから比熱を計算した結果を次に示す。    緑線は磁気を含まないBCC_A2相(フェライト)の比熱  青線は磁気を含む BCC_A2相(フェライト)の比熱  この差が磁気項分となる。  769℃における磁気を含まない純鉄の自由エネルギーは -44466 (J/mol)  769℃における磁気を含む純鉄の自由エネルギーは  -45144 (J/mol) 769℃における磁気項のエネルギーは   -678 (J/mol)となる。 TDBを書く時の注意点  パラメータ TC と、パラメータ BMAGN は、1モル当たりの値を書きます。   詳しくは こちら Co-Sm の例  文献2011YuanにはCo-Sm2元系の熱力学パラメータが載っている。  化合物 Co3Sm に対しては     Para TC(Co3Sm,Co:Sm;0) +533; Para BMAGN(Co3Sm,Co:Sm;0) +0.775;  である。これは  化合物 Co3Sm を 0.75 0.25 のように2副格子 1モルで表現した場合を考えている。  もし  化合物 Co3Sm を 3 1 のように2副格子 4モルで表現した場合に  上記パラメータをそのまま書くと誤りになる。  どの程度の値になるか確認してみよう。 TYPE_DEFINITION < GES A_P_D CO3SM MAGNETIC -3.0 0.28 ! (1) 通常定義の場合 -----------------------------------------------------     温度500K, 25mol%Sm における G=-34333 (J/mol), (磁気項分=-158.)     PHASE CO3SM %< 2 0.75 0.25 !      CONSTITUENT CO3SM : CO : SM : !      PARA G(CO3SM,CO:SM;0) -16666.5+0.4851*T +0.75*GHSERCO+0.25*GHSERSM;      PARA TC(CO3SM,CO:SM;0) +533;      PARA BMAGN(CO3SM,CO:SM;0) +0.775; (2) 間違い    -------------------------------------------------------     温度500K, 25mol%Sm における G=-34214.6 (J/mol), (磁気項分=-158, 4モル分))     PHASE CO3SM %< 2 3 1 !      CONSTITUENT CO3SM : CO : SM : !      PARA G(CO3SM,CO:SM;0) -4*16666.5 +4*0.4851*T +3*GHSERCO+1*GHSERSM;      PARA TC(CO3SM,CO:SM;0) +533;      PARA BMAGN(CO3SM,CO:SM;0) +0.775; (3) 補正した場合 --------------------------------------------------------     温度500K, 25mol%Sm における G=-34333 (J/mol), (磁気項分=-632, 4モル分)     PHASE CO3SM %< 2 3 1 !      CONSTITUENT CO3SM : CO : SM : !      PARA G(CO3SM,CO:SM;0) -4*16666.5 +4*0.4851*T +3*GHSERCO+1*GHSERSM;      PARA TC(CO3SM,CO:SM;0) +533;      PARA BMAGN(CO3SM,CO:SM;0) +8.926438; 文献: 2011Abe  材料設計計算工学 計算熱力学編       阿部太一、(2011)、内田老鶴圃   page38,41. 一覧へ戻る

Copyright(C) 2020 Materials Design Technology Co., Ltd. All Rights Reserved.