FAQ 内容 

   
 Q1    Pandat はどのように読むのですか?  
  A1  パンダ です。      (2004.9.1) 一覧へ戻る
 Q2    ADAMIS はどのように読むのですか?  
  A2  アダミス です。      ADAMIS は登録商標です。  (2004.9.1) 一覧へ戻る
 Q3    Pandat はどこで開発されているのですか?  
  A3  会社 CompuTherm LLC で開発されています。      www.computherm.com      所在地は Madison市、Wisconsin州、U.S.A. です。シカゴの北西約200kmに位置し、シカゴ      から飛行機で約40分です。大学 The University of WISCONSIN-MADISON が市内にあります。      Pandat の開発は1980年から Y. Austin Chang 教授のグループにて始められました。  (2004.9.1) 一覧へ戻る
 Q4    Pandat の最新バージョン番号は何ですか?  
  A4  バージョン 2017 です。  (2017.1.17)      バージョン 2016 です。  (2015.12.30)      バージョン 2014 です。  (2014.10.28)      バージョン 2013 です。  (2014.1.8)      バージョン 2012 です。  (2012.12.26)      バージョン 8-0 です。  (2008.12.29)      バージョン 7-0 です。  (2007.9.25)      バージョン 6-0 です。  (2006.12.1)      バージョン 5-0 です。  (2006.1.4)      バージョン 4-0-M です。  (2004.9.1) 一覧へ戻る
 Q5    Pandat のデモ版と製品版の違いについて教えてください。  
  A5  Pandat 2016 のデモ版を現在調査中。      動作環境 Windows XP Service Pack 3 以上 / 7 / 8      内容     2元系、3元系状態図を計算できます。3元系までに制限されています。             Al-Mg-Zn のデータが用意されています。             お手持ちの TDB ファイル形式を読み込めます。      PDBファイル形式の場合、この内容を見たり、変更することは出来ません。      デモ版の計算機能は製品版と同じです。      デモ版はホームページからダンロード後に実行できます。 ファイルサイズ 250MB      製品版を実行するためにはキー(プロテクトキー)が必要となります。      Pandat は2つの製品からなり、それぞれ有料です。      一つは PanPhaseDiagram であり、 PanOptimizer モジュールを含みます。      もう一つは PanPrecipitation です。 一覧へ戻る
 Q6    Pandat の特長は?  
  A6  「Global minimization」を利用していても状態図が不完全(部分的な図)になり、      困った経験がありませんか?特に等温断面図の計算において三角コーナーが欠ける      ことで、2元系の断面を再確認したことはありませんか?      Pandatは2000年からGlobal minimizationを標準装備しています。      長年の実績があり、三角コーナーが欠けることはありません。       島状の安定領域が欠けた場合、線分(スキャンライン)を指示することで      その領域を探します。その点そのものを計算する必要はありません。    (2009.10.16)    ----------    (1)計算開始点の指定が不要です。      多元系合金の(組成値を固定して)温度1000℃の平衡計算を試みる際、       (A)最初に1000℃を指定して計算した場合       (B)最初に2000℃を計算し、その後1000℃を計算した場合       (C)最初に100℃を計算し、その後1000℃を計算した場合       で同じ結果を得られず困った経験がありませんか?      Pandat は完全平衡状態を計算しますので、上記のような差異は起きません。      答えを1つだけ出します。      勿論、指定相を計算から除外することが出来ます。graphite基準計算や      cementite基準計算、準安定相の計算が出来ます。    (2)2相分離の指定が不要です。      2000年からGlobal minimizationを標準装備しています。      Pandat は2相分離の存在を自動的に検出しますので、コマンドが不要で、      2相分離状態を計算します。液相の2相分離だけでなく、下記の場合も自動的に計算します。      たとえば、Ag-Cu 2元系状態図を計算する際、両元素とも基準相が FCC相のため      単純な共晶型の状態図ですが注意が必要になります。Ag を主とする FCC#1相と      Cu を主とする FCC#2相を区別しなければなりません。Pandat を用いればこの      区別を自動的に行いますので、間違いなく共晶型の状態図を計算できます。      さらに Ag-Cu-Pb 3元系を計算しようとすると、Pb 元素の基準相も FCC相ですから      Pb を主とする FCC#3相を注意深く考慮して計算しなければなりません。      Pandat を用いれば、Cu-Pb 系の液相2相分離の有無も考慮しつつ、自動的に平衡状態を      計算しますので、安心して利用いただけます。    (3)全てを網羅した状態図を得られます。      計算初期点の与え方によって状態図が不完全(部分的な図)になり、困った経験が      ありませんか?  Pandat は指定された領域を全て網羅して相境界を探しますので、      Fe-Cr 2元系状態図や、多元系等温断面図の計算において特に威力を発揮します。  (2004.9.1) 一覧へ戻る
 Q7    計算で陥りやすい「落とし穴」はありますか?  
  A7  あります。          (1) 全領域に関し、元素濃度をゼロにすると計算精度が悪くなります。        計算上この濃度はゼロではなく 10**(-20) 値が設定されるからです。 (2006.9.1)       (具体例)        A-B-C 3元系等温断面図を計算した後に、B-C 2元系状態図を計算したい場合        元素Aの濃度をゼロにして作業を続けないでください。            Calculate Section (2D)画面 Y点 T=2000         A= 0 B= 1 悪い例 C= 0 O点 T= 300 X点 T= 300 A= 0 A= 0 B= 1 B= 0 C= 0 C= 1       (手順)         メニュー Database --> Select Components --> selected 欄から元素Aを外す。         系から元素Aを除外し B-C 2元系状態図を計算します。                        Y点 T=2000         B= 1 C= 0 良い例 O点 T= 300 X点 T= 300 B= 1 B= 0 C= 0 C= 1     (2) 自由エネルギー値を求める際、計算対象を1つの相に絞り込むと理解しやすいです。 一覧へ戻る
 Q8    磁気モデルは何を用いて計算していますか?  
  A8  Hillert and Jarl モデルです。 式の展開      "M.Hillert and M.Jarl, CALPHAD, 2 (1978), pp227-238" "A.T.Dinsdale, CALPHAD, 15 (1991), pp317-425" にはこの式が載っています。      下記モデルはエクセル等にて値を確認できます。  (2014.07.09)      "Q.Chen, B.Sundman, J. Phase Equilibria, 22 (2001), 631-644."      文献一覧 (2014.07.09) 一覧へ戻る
 Q9    Pandat で計算した状態図をPS(ポストスクリプト)ファイルに出来ますか?  
  A9  出来ます。       詳細へ      PowerPoint や Word へはきれいな図を簡単にコピーペーストできます。      Pandatにて、Graphメニュー、"Copy High Resolution WMF"を選択。      PowerPointにて、編集メニュー、"形式を選択して貼り付け"を実行。 一覧へ戻る
 Q10    Pandat で、計算状態図上に実験データ値を重ね合わせ表示できますか?  
  A10  (2006.1.4) バージョン 5-0 から出来るようになりました。       (2004.9.1) 残念ながら出来ません。 材料設計技術研究所が作成した「POST」モジュールの利用をお勧めします。   一覧へ戻る
 Q11    熱力学データベースの中において、どのような場合に副格子モデル(を用いた相)を定義するのですか?  
  A11  (2006.9.1) Ni-Al系合金におけるγ'-Ni3Al相とβ-NiAl相、Ti-Al系合金におけるγ-TiAl相とα2-Ti3Al相は、 FCC相が規則化した L12(Ni3Al) や L10(TiAl)、BCC相が規則化した B2(NiAl)、HCP相が規則化した D019(Ti3Al)構造を持ちます。 規則化の自由エネルギー部分のみを副格子モデルを用いて記述します。 このようにすることで、不規則FCC相や不規則BCC相の熱力学パラメータをそのまま利用し、 不規則相の自由エネルギー部分に規則化の自由エネルギー部分を追加する形で規則相の自由エネルーを計算します。 化学量論組成比を3:1にするためには、副格子数2の 0.75:0.25 のモデル、もしくは 副格子数4の 0.25:0.25:0.25:0.25 のモデルが採用されています。 参考文献 1) "A thermodynamic description of the Ni-Al-Cr-Re system", W. Huang, Y.A.Chang : Materials Science and Engineering A259 (1999), p110-119. 2) "Thermodynamic assessment of the Al-Ni system; I.Ansara,N.Dupin,H.Lukas,B.Sundman : J. Alloys Compounds, 247 (1997), p20-30. (2010.09.29) the ionic two-sublattice model of Liquid phase. ===> Fe-O, Cu-O the associate model of Liquid phase. ===> Ti-O the Order-disorder model Order = Bcc + dG . ===> Fe-Al Order = Fcc + dG . ===> Ni-Al Order = sublattice model + dG . ===> Cu-Ga 注意: 規則相と不規則相を個別に分けて定義すると、相律に従い、2相域(規則相+不規則相)が生じる。そこで、      Type_Definition GES A_P_D B2 dis_part BCC_A2 のように定義すると、B2 = BCC_A2 + dG      の関係が作られる。           B2 相と BCC_A2 相は同一の相となり、相境界は描画されない。 Pandat は、不規則相の領域をマウスクリックすると BCC_A2 (disorder) と表示し、                規則相の領域をマウスクリックすると B2 (Order) とそれぞれ表示する。           他のソフトウェアでは不規則相が reject され、規則相だけが計算対象となる場合があり、      B2 相が規則化しているかどうかは副格子濃度を確認し、副格子TとUの濃度が同じ値なら不規則相、           副格子TとUの濃度が異なれば規則相と判断しなければならない。 (2015.05.31)       Fcc, Bcc, Hcp相など侵入型固溶体に対する二副格子モデル 一覧へ戻る
 Q12    どのような場合に副格子数を3個にしたり、4個にしたりするのですか?  
  A12  (2006.9.1) 状態図上で1本の線となっている化学量論化合物 Stoichiometric Compounds(ラインコンパウンド) の記述だけでなく、化学量論組成の両側に組成幅がある化合物の記述にも副格子を用います。 例えば、Ag-Zn 2元系のγ相(D82構造)です。さらに Cu 元素を添加した時の計算ができるように、 Cu-Zn 2元系のγ相(D82構造)にも採用し、拡張性をも考慮し、 AGCUZN_GAMMA 相は4つの副格子を考え、格子比率を 0.15385:0.15385:0.23076:0.46154 とし、 各格子に含まれる元素を(Ag,Cu,Zn):(Ag,Cu,Zn):(Ag,Cu):(Zn)とします。 このモデルを利用することにより Ag-Cu-Zn 3元系 500℃の等温断面図を計算できます。 例えば、Cu-Sn 2元系の Cu6Sn5 相です。さらに In 元素を添加した時の計算ができるように、 Cu-In 2元系のη相にも採用し、拡張性をも考慮し、 CUINSN_ETA 相は3つの副格子を考え、格子比率を 0.545:0.122:0.333 とし、 各格子に含まれる元素を (CU):(CU,IN,SN):(IN,SN) とします。       (2011.05.01) 不規則状態Bcc(高温)と規則状態B2(低温)を表現するために2副格子。 不規則状態Fcc(高温)と規則状態A3B_L12, AB_L10, AB3_L12(低温)を表現するために4副格子。 結晶構造を表現するために副格子数を利用する。       計算例 一覧へ戻る
 Q13    三角図(三角グラフ)を表示できますか?  
  A13  出来ます。 グラフ表示機能として標準装備されています。  (2005.5.14)       三角図(三角グラフ)は等温断面図や液相面図の計算結果表示に用いられます。       グラフ表示をさせる際に、自動スケール機能が邪魔してしまい、希望通りの       最小値:最大値:きざみ幅で図を描けない経験がありませんか?       Pandat を利用すれば希望通りの図を描けます。Pandat にも自動スケール機能が       標準装備されています。そこで自動スケール機能をOFFにすれば指示した通り       の軸の最小値:最大値:きざみ幅で図を描けます。                    正三角形の一辺ABは A-B 2元系を、一辺BCは B-C 2元系を、そして一辺ACは A-C 2元系を示します。(図(a))       例えば、3元系合金組成 30%B-10%C-60%A は点Pに位置します。 (図(b))       表示の仕方を変えても同じ位置になります。直角座標系(直角3角形)を用いて表示させると点Aでは成分Aが100%、点Xでは       成分Bが100%、点Yは成分Cが100%になります。この場合点線より右上の領域は存在しません。(濃度の和が100%を越えるため)(図(c))       3成分の濃度がそれぞれ xA,xB,xC とするとその濃度の和は xA+xB+xC=100 であるから3成分のうち独立な成分は2となります。       そこで図(c)を正三角形表示させるとことができます。 (図(d))       ( x , y ) --> ( x + y*cos60 , y*sin60 )       P点近くを拡大表示(部分表示)させることもできます。 (図(e)) Pandatは図(c)(d)(e)の表示を行います。      -----      株式会社ケイ・ジー・ティー殿の「MicroAVS」は2次元のライン表示には不向きです。      2次元状態図の表示には不向きです。三角図の表示はできません。      しかしこのソフトは3次元表示が得意です。さらに、フェーズフィールド法による      組織形成シミュレーションの結果(組織図)等を時間毎に表示させることができます。(2005.5.14)      株式会社ヒューリンクス殿の「Grapher」は三角図を表示させることができます。      しかし部分表示ができません。必ず0から1分率(もしくは0から100%)の範囲      全体を表示させます。この表示方法は図(a)の仕方です。             (2005.5.14)      一方、「Grapher」からPandat 計算結果ファイル diagram.dat を読み込むことで      計算状態図を再表示できます。この場合、Clipping Properties の Missing data      オプションを Discontinuousplot にする必要があります。      日本ポラデジタル株式会社殿の「DeltaGraph」は三角図を表示させることができます。      しかし部分表示ができません。必ず0から1分率の範囲全体を表示させます。      この表示方法は図(a)の仕方です。                       (2005.5.14) 一覧へ戻る
 Q14    タイライン表示できますか?  
A14 (2015.07.18) はい。 バージョン2012,2013,2014 では、指示する場所がかわりました。                 図を表示した後、Property 画面を出す。(View)                 4.Tieline Property における Show Tieline の                 プルダウンメニューから「False」か「True」を選択します。                 タイラインの計算は自動で必ず行われています。   A14  (2007.09.25) はい。 バージョン 7 から指示する場所が変わりました。       Configure Graph 画面の Plot Setup タグの中、Choose Customized Plot Set 欄から       Plot Tie Lines をプルダウンし、Add ボタンをクリックします。      タイラインの端が相境界線の上に描かれ相境界が見づらくなる場合があります。      この場合、描く順序を変更できます。Configure Graph 画面の Plot Setup にて、      @ 1行目(Default Table)をクリックし(背景色が青色になります)Delete ボタンをクリックします。      A タイラインの行(Table of Tie Lines)はそのままにします。      B Default Table を再登録します。X変数とY変数を選択し、Add ボタンをクリックします。        すると新たに Default Table のデータが2行目に出来ます。      これでタイランが描かれ、その上に相境界線が上書きされます。 一覧へ戻る
 Q15    Enthalpy of mixing を計算できますか?  
  A15 (2015.7.18) バージョン2012,2013,2014 では             H(:LIQUID[CU],LIQUID[AG])             とし、元素を囲む括弧の文字が変わりました。   A15  (2008.1.6)       はい。通常、温度を固定し、横軸にある元素のモル濃度をとり、縦軸に液相の Enthalpy of mixing の図を計算できます。       Pandat でライン計算をした後にテーブルを新規に作ります。 テーブルには3つの変数を定義します。       "ある元素のモル濃度" としては x(*) もしくは x%(*) 変数を "Create & Edit Table" 画面で選択します。       "Enthalpy of System" としては G 欄をプルダウンし H 変数を選択します。       "Enthalpy with given reference state" としては G(:) 欄をプルダウンし H(:phase< * >) 変数を選択します。       この中にリファレンス相と元素名を書き込みます。たとえば       H(:liquid< Cu >,liquid< Ag >)       とします。このリファレンス付きの H が Enthalpy of mixing です。 一覧へ戻る
 Q16    Driving force を計算できますか?  
  A16   ポイント計算もしくはライン計算において計算出来ます。(2009.04.03)       Pandat 8.1 では平衡相とのエネルギー差を表示します。       別売りの PanEngine (version 7) モジュールでは (2007.12.22)       TPDF (Tangent Plane Distance Function) 変数が用意されていて、析出・晶出の駆動力 ( Driving force ) を計算出来ます。       PanEngine では、globally stable equilibrium の他に、各相の local equilibrium を求めることが出来、       findLocalEquilibriumForAPhase() より、TPDF 値を得られます。       この他にPanEngineでは、addValueToG() より、指定相のGibbsエネルギーにconstant value値を足し合わせる機能を備えています。 一覧へ戻る
 Q17    Pandat は Windows 10 上で動きますか?  
A17 はい。     (17) Windows 10 Pro 64bit 上で Pandat version_2017 Demo版の動作確認を致しました。(2017.4.1) 製品版の場合、ドングルキードライバーの不都合があれば                  弊社にお問い合わせください。 (08) Windows 10 Pro 64bit 上で Pandat version_8 の動作確認を致しました。 (2017.4.1)        ドングルキーのドライバーを 7.54 (2017-03-09) に                  することで動作確認できました。 ------------------------------     (14) Windows 8.1 64bit 上で Pandat version_2014 の動作確認を致しました。 (2014.10.28) (13) Windows 8.1 64bit 上で Pandat version_2013 の動作確認を致しました。 (2014.1.8) (12) Windows 8 上で Pandat version_2012 の動作確認を致しました。 (2013.9.03) (08) Windows 8 に Pandat version_8 をインストールしても、ドングルキーを認識しません。        ドングルキーのドライバーを更新することで、 Windows 8 上で Pandat version_8 の動作確認を致しました。 (2013.9.03) ------------------------------ (17) Windows 7 professional 32bit 上で Pandat version_2017 の動作確認を致しました。 (2017.4.1) (14) Windows 7 professional 64bit 上で Pandat version_2014 の動作確認を致しました。 (2014.10.28) (13) Windows 7 professional 64bit 上で Pandat version_2013 の動作確認を致しました。 (2014.1.8) (12) Windows 7 professional 32bit 上で Pandat version_2012 の動作確認を致しました。        Windows 7 professional 64bit 上で Pandat version_2012 の動作確認を致しました。 (2013.6.15) (08) Windows 7 professional 32bit 上で Pandat version_8 の動作確認を致しました。 (2011.6.17)        Windows 7 professional 64bit 上で Pandat version_8 の動作確認を致しました。 (07) Windows 7 上で Pandat 7 は起動できません。「プロテクトキーが見つかりません。」メッセージが出ます。 Pandat 7 から Pandat 2012 へのバージョンアップをご検討ください。 ------------------------------ (12) Windows XP 上で Pandat version_2012 は動作します。 ただし Windows XP Service Pack 3 以上にしてください。 開発言語がインストールされたパソコンでは注意してください。 Microsoft .NET Framework 4 実行モジュールと Visual C++ 2010 実行モジュールを使用します。 (08) Windows XP 上で Pandat version_8 は動作します。 (07) Windows XP 上で Pandat version_7 は動作します。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++       Macでも動きます。       Parallels Desktop 8 for Mac を併用することで       Windows 7 をインストールして、 Pandat version_2012 の動作確認を致しました。 USB型ドングルキーをそのまま利用できます。 一覧へ戻る
 Q18    Pandat は CSA モデルをサポートしていますか?  
A18 はい、サポートしています。 (2009.04.03)       Au-Cu 2元系計算結果       文献 一覧へ戻る
 Q19    結晶中に存在する空孔濃度を表示できますか?  
A19 はい、表示できます。空孔(Vacancy)を元素記号のように2文字の VA として取り扱います。 (1) 通常のライン平衡計算をします。例えば濃度固定で、温度を500から1500Kまで変化させます。 (2) 左窓から Tables, Default Table を選択し、テーブル値を先ず表示します。   ここでは空孔濃度は表示されていません。 (3) 上部メニュー Table から、Create & Edit table を選択します。 New table を作成します。   テーブルに温度 T[K] を追加します。 (4) Phase Properties の X(@) をクリックすると、プルダウンメニューに y(*@*) があります。   この Site fraction をテーブルに追加します。   y(*@*) は site fraction of species in a phase , 例 y( Cu @ Fcc ) を意味します。   新テーブルの Fields を     T[K], y(*@*)   とします。 OK ボタンをクリックします。 (5) 新テーブル Table1 値が表示されます。この表には y(VA@phase) の列があります。 空孔濃度値を確認できます。 (6) 縦軸に空孔濃度値、横軸に温度の図を表示させるためには、表上部のタイトル   温度 T の列をクリックし、次にCtrlキーを押しながら y(VA@phase) の列をクリックします。   この操作で2列の背景が青色になります。この状態で   上部メニュー Table から、Create Graph を選択します。 一覧へ戻る
 Q20    複合化合物 (A,B)(C,D) の自由エネルギー(副格子モデル)を表示できますか?  
A20 はい、表示できます。 (2011.05.06) ライン計算により AC-BD の断面を計算する場合     T= 750 K T= 750 K A= 0.5 A= 0 B= 0 B= 0.5 C= 0.5 C= 0 D= 0 D= 0.5 計算条件画面の下の Calculation Type を Separate Phases とします。 等温断面図を計算する場合は、Calculation Section (2D) 計算条件画面を Y Point T= 750 A= 0.5 B= 0 C= 0 D= 0.5 O Point X Point T= 750 T= 750 A= 0.5 A= 0 B= 0 B= 0.5 C= 0.5 C= 0.5 D= 0 D= 0 とします。原点がAC, 横軸 sitefraction B、縦軸 sitefraction D の図となります。 一覧へ戻る
 Q21    Z-phase とは何ですか?  
A21 窒化物です。Z-phaseの主構成物は Cr(Nb,V)N です。 (2012.04.04)       炭素は含みません。       B1構造は2つの副格子にて、例えば (Cr,Fe,Nb,V)1(N,Va)1 とモデル化され Fcc_A1 相として表現されています。       一方、Z-phaseは3つの副格子にて (Cr,Fe)1(Nb,V)1(N,Va)1 とモデル化されています。       参考文献 The Z-phase in 9-12% Cr ferritic steels: A phase stability analysis.      C.Kocer, T.Abe, A.Soon, Materials Science Engineering A, 505 (2009), 1-5.      A thermodynamic model of the Z-phase Cr(V,Nb)N.      H.K.Danielsen, J. Hald, CALPHAD, 31 (2007), 505-514.       この他に、相名の由来について       Mo-C 2元系の平衡相は           ASM本、文献の図、 文献のテキスト、 相名           (Mo) Bcc Bcc = Bcc_A2 β Mo2C hcp(M2C) = Hcp_A3           η MoC(η) MC(η) = MC_Eta           δ MoC(1-x) Fcc = Fcc_A1 MoC MoC(shp) MC(shp) = MC_Shp (C) G Graphite = Graphite       と定義されています。さらにFeを含む3元系では           Fe3C Cem Cementite = Cementite ξ ξ(M3C)   ξ-carbide = Ksi-Carbide M6C M6C M6C = M6C M3C2 Fe-Mo-C, M3C2 is metastable M7C3 Fe-Mo-C, M7C3 is metastable M23C6 Fe-Mo-C, M23C6 is metastable 一覧へ戻る
 Q22    ガンマ・ダブルプライム相とは何ですか?  
A22 ガンマ・ダブルプライム  (2013.03.09)       Gamma double prime       γ''       Ni-Nb 2元系における Ni3Nb 相の準安定をガンマダブルプライム相と呼んでいます。       詳細はこちら 一覧へ戻る
 Q23    Pandat は擬化学モデル( Modified Quasichemical Model )をサポートしていますか?  
A23 いいえ。 サポートしていません  (2016.03.19)       Modified Quasichemical Model の詳細はこちら 一覧へ戻る

   Z. Metallkd. は、Zeitschrift fur Metallkunde の略であり、 vol.97 (April 2006) から International Journal of Materials Research 
Copyright(C) 2017 Materials Design Technology Co., Ltd. All Rights Reserved.